GLOSSARY時計用語集(か)

懐中時計
堤時計・ポケットウォッチ。
腕時計が発明される前は、専用の鎖や紐をつけて服に固定していた。
回転計算尺
タキメーター。
足し算や割り算などが行えるので、パイロットやドライバーが目的地までの時間や距離を計測する計算用に使っていた。
回転ベゼル
目盛付きの回転するベゼル。
残時間・経過時間・方位などを知ることが出来る。
両方向に回転するものと、一方向にしか回転しないものがある。
ロレックスのサブマリーナ・ヨットマスター、ブライトリングのナビタイマーなどに使われている。
カウントダウンタイマー
ヨットレース向けの時計の特殊機能。
ロレックスのヨットマスターⅡ等に搭載されている。
鍵巻き
ゼンマイを巻く機構。
掛け時計や柱時計、そして懐中時計に多く見られた。
専用の鍵を差し込んで、直接香箱内のゼンマイを巻く。
角穴車
香箱芯と重なっている歯車。
手巻輪列に含まれる。
ガスケット
パッキン。
様々な形状のものがある。
カナ
歯車の軸回りにある小さな歯車のこと。
カボション
ドーム状の飾り石。
腕時計ではリュウズやバンドの留め金具に使われる。
逆回転防止ペゼル
ダイバーズウォッチによく使われる、一方向にしか回転しないベゼル。
ガラス(風防)
主な種類は、合成樹脂の風防、強化ガラスのミネラルガラス、人工サファイアの結晶を削り出したサファイアガラス等。
カレンダー
暦。
緩急針
時間調整のためにヒゲゼンマイの有効長を変える部品。
ガンギ車
脱進機に含まれる部品。
表輪列に含まれる。
カンヌキ
おしどりによって作動し、つづみ車を動かす部品。
カーベックス
アメリカのグリュエンが発売した。
ムーブメントもカーブしている。
カーボンファイバー
炭素繊維。
自然乾燥させて作るウエットカーボンと、加熱して成形するドライカーボンがある。
ドライカーボンの方が軽くて強い。

気圧
地球の大気圧力のこと。
単位はヘクトパスカル(HP)
機械式時計
手巻きや自動巻きのメカニカルウォッチ。
巻き上げられたゼンマイがほどける力を動力源とする。
クォーツウォッチ(水晶時計)が普及するまでは、時計の標準的機構だった。
キチ車(吉車)
巻き真に固定されている車。
キネティック
セイコーの自動巻き発電システム。
機械式自動巻き時計と同じようにローターがあり、それが回転することで発電及び充電を行い、その電力でクオーツ時計を動かす。
KINETIC
逆回転防止ベゼル
ダイバーズウォッチに多く見られる機能。
ベゼルが時計回りと反対方向にしか回転しないようなっている。
ギャランティ
保証書。
保証書がついている商品は安心かというとそうでもなく、偽物の保証書や化粧箱を扱っている業者も多くいる。
高額な商品を入手するためには、見極める目が必要。
キャリバー
ムーブメントの型番。
協定世界時
UTC、世界共通の標準時。
鏡面仕上げ
鏡のように磨かれた仕上げのこと。
ギヨシェ
文字盤に施す装飾技法。
純金(24K)は柔らかすぎるため、時計には18金(18K)が良く使われる。
銀の含有量を増やすと、イエローゴールド。
銅の含有量を増やすと、ピンクゴールド。
ニッケル・パラジウムの含有量を増やすと、ホワイトゴールド。
ホワイトゴールドは、ロジュームメッキをかけることも多い。
銅との合金にして使われる。
最近はあまり製品としては多くないが、過去にはケースを銀で作って金メッキを施したカルティエの時計などがあった。

クォーツ
水晶振動子のこと。
それを利用したムーブメント時計。
グランドコンプリケーション
永久カレンダー、トゥールビヨン、スプリットセコンドクロノグラフ、ミニッツリピーター等。
クリアランス
部品同士の間隔のこと。複雑時計の楊合、最小で100分のlmm単位の調整を行う。ムーブメントに限らず、外装で使う場合もある。なお、高級時計の条件のひとつに、針と文字盤のクリアランスが狭いことが挙げられる。
グリニッジ天文台
イギリス王立天文台。
グリース
半液体状の潤滑剤のこと。粘性が高く油膜が切れにくいため、飛散しにくい。また大荷重に適する。工業用ベアリングの潤滑用などに使われるが、時計では、主に負荷の大きな自動巻き時計の香箱内に使われる。
クリスタルガラス
文字盤を保護する。
一般的には、アクリルガラス・ミネラルガラス・クリスタルガラス・サファイアガラスの順に傷つきにくいとされている。
クルト・クラウス
IWC(インターナショナル)の設計者。
クロコダイル
ワニ目クロコダイル科の動物。
ワシントン条約で取引が厳しく制限されている。
クロック
柱時計・掛時計・置時計のこと。
クロノグラフ(Chronograph)
ストップウオッチ(計時)機能が付いている時計のこと。
スモールダイヤルに「60秒計」「30分計」「12時間計」がついている。
センターセコンドはクロノグラフ針と呼ばれる。
プッシュボタンでスタートとストップを行い、別のプッシュボタンでリセットをする。
クロノメーター(CHRONOMETER)
スイスのクロノメーター検定協会(Controre Officiel Suissedes Chronometre)C.O.S.Cの精度規格。
この検定基準をクリアした高精度の腕時計のことをいう。
軍用時計
一般的な時計と比べ、頑丈かつ高精度。

計器
時計の場合は計量法の範囲外だが、時間を測定するクロノグラフは計器といえる。
月差
精度を表す言葉で、この場合は1月当たりの誤差。
クォーツ時計の精度表示に使われることが多い。
月齢表示(ムーンフェイズ)
文字板上の小窓に月の絵を描き表示することが多い。
月の満ち欠けを目安として表示する。
原子時計
セシウム原子やルビウム原子の振動を利用した時計。
誤差は3千年~30万年に1秒とされている。
ケーシング
ムーブメントなどをケースに組み付けること。
一般的には修理の最終工程。
ケース
ムーブメントを保護する外装部品。
ワンピース・ツーピース・スリーピースが一般的。

ラウンドケース
丸型。
基本的な形で種類も多く、懐中時計でよく使われた形状でもある。


スクエアケース
角型。


レクタンギュラーケース
長方形。


トノーケース
樽型。

オーバルケース
楕円型。

コインエッジ
ケースのサイドに施される貨幣の縁のようなギザギザな装飾技法。
合金
複数の金属または非金属を混合したもの。
チタン合金・アルミニウム合金などがある。
ステンレスも合金の一種。
工具
加工・修理等に用いる道具のこと。
適切な工具をメンテナンスしながら使うことで作業中の事故が防げる。
航空時計
パイロットウォッチ。
公式時計
公式競枝などで用いられる時計のこと。
オリンピックなどの公式計時が有名。
拘束角
アンクルが左右に動く角度。
香箱
ゼンマイを収める部品のこと。
コハゼ
香箱の逆回転を防止する部品。
コラムホイール
クロノグラフの発停止、リセットを司る円柱型の部品。
コラムホイールを使うのははコストがかかる為、低単価で新しいクロノグラフは別の機構を使うことが多い。
コンパスウォッチ
方位磁針を内蔵した時計。
ムーブメントに磁石の影響を及ぼさない為に、耐磁性ケースに収めて成立させている。
コンプリケーションウォッチ
永久カレンダー、トゥールビヨン、スプリットセコンドクロノグラフ、ミニッツリピーター等の複雑機構を備えた時計。
グランドコンプリケーションとの違いについて明確な定義はない。
コーアクシャル脱進機
オメガが開発、量産化に成功した。
ガンギ車と3つ爪アンクルの接触面積が少なく、注油がほとんど必要ないのでメンテナンスの頻度が下がる。
ただし、メンテナンスの頻度が下がるのは脱進機だけなので、ムーブメント全体のメンテナンスは他の機械同様に必要となる。
コート・ド・ジュネーブ
波状の装飾。