GLOSSARY時計用語集(た)

ダイアル
文字盤。
金属でできていることが多いが、白蝶貝や黒蝶貝を用いたものもある。
耐震性
衝撃に対する性能。
機械式時計で一番衝撃に弱いのは天真で、強い衝撃を受けると比較的簡単に折れてしまう。
それを防ぐために、現在「インカブロック」などが用いられる。
耐磁性
磁化を防止する性能。
耐磁機能
時計のムーブメントの帯磁を防ぐ機能。
磁力を吸収しやすい軟鉄で包み込むことで帯磁を防ぐ。
タイドグラフ
潮の満ち引きを表示する。
ダイバーズウォッチ
ダイビングに適した機能を持つ時計。
オメガのシーマスターやロレックスのサブマリーナ等が有名。
タキメーター
ベゼル部分や文字盤の外周に刻まれている目盛り。
脱進機
ガンギ車、アンクルなどから構成される。
輪列の回転運動を往復運動に変換しする。
ダブルバレル
ゼンマイをふたつ設けた機構。
持続時間をを延ばすためや、ゼンマイのトルクを増すために使われる。
ダブルロック
ブレスレットに使われる機構。
少々の衝撃でも外れて落下しないよう、2重にロックする。

チタン
軽量で高い耐食性を持つ金属。
元素記号はTi。
時計に使われるチタンは、チタン合金が多い。
ステンレススティールよりも耐久性があり、錆びなどの腐食にも強いが、加工にコストがかかる。
金属アレルギーの方でも安心して使える。
調速機
時計の遅れ進みを調整する部品。
テンプ回りの部品のこと。
チラネジ
テンワに付いた小さなネジのこと。
専用工具で調整する。

ツインバレル
ゼンマイをふたつ設けた機構。
持続時間をを延ばすためや、ゼンマイのトルクを増すために使われる。
ツヅミ車
小鉄車とリュウズを連結する部品。
爪石
アンクルに取り付けられた部品。
ツーカウンター
2つ目クロノグラフとも呼ばれることがある。

デイデイト
日付と曜日表示機構が備わっていること。
デジタル
針の位置ではなく数字で表示する機構。
デッドストック
長期間在庫された新品商品。
デュアルタイム
アナログの場合は、時針を追加してふたつの時間帯を同時に表示する機能。
サブダイアルに時・分針を設けるパターンも増えてきた。
テレメーター
距離を計測する機能。
電気時計
電気または電池で動く時計のこと。
音叉(フォーク)や水晶(クォーツ)などを用いるものは電子時計という。
電池寿命切れ予告装置
電池の容量が少なくなったとき、電池の交換の必要性を知らせる機能。
液晶表示が点滅したり、秒針が2秒ずつ進んだりと、告知方法は様々ある。
電波時計
標準電波を受信して自動的に誤差を修正する時計。
テンプ
調速機。
ヒゲゼンマイとテンワなどによって構成される部品。
天真
テンプの軸のこと。
衝撃で折れやすい。
テンワ
テンプを構成する部品。

トゥールビヨン
姿勢差の影響を最小限にするための仕組み。
姿勢差誤差を解消する機構。
ドクターズウォッチ
医師が使う時計。
秒針が独立していて見やすい。
ドテピン
アンクルの動作を規制する部品。
トリプルカレンダー
月・曜日・日付を表示する機構。
トリプルロック式リューズ
防水機能を高めたねじ込み式リューズ。
ロレックスサブマリーナやシードゥエラーに使われている。