TUDORチューダー

TUDOR(チューダー)の修理事例

※旧料金表示のものもあります
チュードル

チュードル

修理金額合計18,000円
遅れるとの事です。
油切れが原因でした。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル

チュードル

ref79090
修理金額合計18,000円
遅れるとの事です。
油切れが見られました。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル デイデイト

チュードル デイデイト

ref76200
修理金額合計32,000円
手巻き時にローターが回ってしまうとの事です。
切替車摩耗と油切れが見られました。
オーバーホール、切替車交換、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル オイスターデイト

チュードル オイスターデイト

ref7962
修理金額合計29,000円
止まったとの事です。
ゼンマイ切れが原因でした。
オーバーホール、ゼンマイ交換、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル ヘリテージクロ

チュードル ヘリテージクロ

ref 70330B
修理金額合計28,000円
進むとの事です。
磁気帯びと油切れが見られました。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル プリンスデイト

チュードル プリンスデイト

ref 74000N
修理金額合計18,000円
遅れるとの事です。
油切れが見られました。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref 79270
修理金額合計28,000円
進むとの事です。
磁気帯びと油切れが見られました。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル

チュードル

ref 7962
修理金額合計24,000円
薔薇チュードルと言われるアンティークです。
持続が悪いとの事です。
油切れが見られました。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref79280P
修理金額合計28,000円
遅れるとの事です。
オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref79280
修理金額合計37,500円
止まりとの事です。
オーバーホール、切替車交換、パッキン交換、脱磁、防水試験での修理内容となりました。
チュードル スポーツコレクション

チュードル スポーツコレクション

ref 20023
修理金額合計21,500円
突然止まったとの事です。
ゼンマイが切れた事により止まっていました。
ゼンマイは主に経年劣化により切れてしまいます。
オーバーホール、ゼンマイ交換、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル クロノタイムタイガー

チュードル クロノタイムタイガー

ref 79280
修理金額合計35,000円
長短針が動かないとの事です。これは摩擦車と言う部品が摩耗している事が原因です。摩擦車は歯車の軸に取り付ける部品です。そして歯車の力を長短針の車に伝える事で針が動きます。その為、摩擦車が摩耗してしまうと針が動かなくなってしまいます。初期症状(初期症状)として針回しが軽いなどがあります。そういった症状が出ましたら、早めのメンテナンスをお勧めします。オーバーホール、摩擦車交換、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref79260P
修理金額合計40,500円
持続が悪いとの事です。切替車と切替車抑えバネが摩耗していた事によりゼンマイの巻き上げが悪くなっていました。ここの部品は経年劣化、使用状況などで摩耗しやすい部品となります。摩耗を極力しないように使用する場合、手巻きはあまりしないようにすると摩耗しにくくなります。手巻きをした時に引っかかりや内部で部品が回ってしまう場合は、切替車などが摩耗している可能性が高い為、早めのメンテナンスをお勧めします。オーバーホール、切替車交換、切替車抑えバネ交換、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル

チュードル

ref 89190
修理金額合計58,000円
リューズがねじ込み出来なくなったとの事です。リューズのネジ溝が摩耗により削れていたのでねじ込み出来なくなっていました。チュードルはリューズに盾のマークがはいっていますが、入手が出来ない為、ロレックス純正リューズに交換となります。
リューズをねじ込む際には、きちんとねじ山に噛むようにねじ込むと摩耗具合を軽減させる事が出来ます。OH、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル ハイドロノートⅡ

チュードル ハイドロノートⅡ

ref 20040
修理金額合計18,000円
秒針が外れてしまったとの事です。何らかの衝撃や秒針のハカマ(筒)が緩み外れてしまったと思われます。ハカマに割れなどがなかった為、付け直しで対応しました。このハカマが割れてしまっていると、再度付け直しが出来ない為、ハカマ交換や針の交換となります。
チュードルですと、メーカーが針を供給しないためにメーカー修理となってしまいます。オーバーホール、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル プリンセスオイスターデイト

チュードル プリンセスオイスターデイト

ref 92400N
修理金額合計21,500円
動かないとの事です。原因はコハゼバネが折れていました。コハゼバネとはゼンマイを巻いた時に力を逃がさない(逆回転させない)ようにしている部品です。このバネが折れてしまうと、ゼンマイを巻きあげても力が溜まらずに0の状態になってしまいます。その為、この部品が折れてしまうと手巻き、自動巻上げも出来なくなってしまいます。オーバーホール、コハゼバネ交換、パッキン交換、防水試験での修理内容となりました。
チュードル ヘリテージ

チュードル ヘリテージ

ref79220
修理金額22,000円
リューズでゼンマイを巻けなくなってしまったとのこと。原因は角穴車の歯欠けによるものでした。この時計に使用されているゼンマイのバネ性が強いこともあり、しばしば角穴車の歯が欠けてしまっているものを見かけます。角穴車が欠けている場合、キチ車やツヅミ車にも問題があることがあります。もし問題があった場合、角穴車を交換してもまたすぐに歯をかけさせてしまうことがある為注意が必要となります。今回はオーバーホール、角穴車交換対応となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref79260P
修理金額32,000円
1日中腕に付けていても止まるのが早くなったとの事。ローターのガタツキが大きくなり、ローターが回転する際に受け及び裏蓋に擦れること巻上げ効率が大きく低下していたことによるものでした。ローターベアリングの摩耗が原因ではなかった為調整にて対応致しました。今回はオーバーホール、ローター調整の修理内容となりました。
チュードル プリンスデイト

チュードル プリンスデイト

ref92400
修理金額21,000円
ゼンマイが巻き上がらなくなってしまったとのこと。この時計に使用されているキャリバーだとローターの連れ回りにより正常に巻き上げることができない不具合をしばしば目にします。今回はコハゼバネが外れてしまっていたことにより、ゼンマイを巻き上げてもすぐにほどけてしまう状態になっていました。外れていたコハゼバネは変形していた為交換が必要となりました。今回はオーバーホール、コハゼバネ交換となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref79260
修理金額28,000円
針回しをすると滑ってしまう時があるとのこと。2番車の軸に取り付けられている車とその隣の車の噛み合いが外れてしまう時がありました。2番車の軸に取り付ける車の取り付け位置を調整することで不具合は解消されました。今回はオーバーホールのみの対応となりました。
チュードル オイスタープリンス

チュードル オイスタープリンス

ref9050
修理金額24,000円
持続時間が短くなったとのこと。リューズでゼンマイを巻こうとすると、ローターの連れ回り(リューズでゼンマイを巻く際にローターが一緒に回転してしまう現象)の症状が発生する時がありました。切換車が正常に動作していないことが原因です。洗浄で改善される場合もありますし、交換しなければ改善されないことも珍しくありません。切換車は何度も洗浄を繰り返したことで正常な状態に戻りました。今回はオーバーホールのみの対応となりました。
チュードル プリンスデイト

チュードル プリンスデイト

ref92400
修理金額24,000円
レディースモデル。家の中で落としてしまい、それ以降遅れるようになってしまったとの事。落とした際の衝撃によりヒゲゼンマイが大きく偏心しており、これが精度に大きな影響を与えていました。また、文字板の中心もずれていました。今回はオーバーホール、ヒゲゼンマイ修正、文字板修正の修理内容となりました。
チュードル プリンスオイスターデイト

チュードル プリンスオイスターデイト

ref79190
修理金額22,000円
止まりでお預かり。止まりの原因は機止めネジ折れによるものでした。2本の機止めネジと2枚の機止め板でムーブメントがケースに固定されている為、片側だけ折れてしまう事が多いのですが、今回は2本ともネジが折れていました。ネジの劣化も原因の一つですが、外部衝撃も原因の一つとして考えられます。今回はオーバーホール、機止めネジ(2本)交換の修理内容となりました。
チュードル クロノタイム

チュードル クロノタイム

ref79260
修理金額33,000円
クロノグラフが作動しなくなってしまったとのこと。パーツが乗り上げてしまったり、引っかかったりして動かなくなるという不具合はよく目にしますが、クロノグラフカムという部品のカシメ部分が緩んでしまうという非常にレアなケースでした。今回はオーバーホール、クロノグラフカム交換対応となりました。